大学入試 小論文

【推薦入試2025最新】小論文対策<統計データ型・説明問題>解答例・構成メモ作成法

https://syoron-master.net

こんにちは。
<りらいとらぼ>を運営する“しょうろんますたあ”(@ronbun_master
)です。

推薦入試にチャレンジする受験生向けに小論文対策を記事にしました。

これからデータ型小論文の勉強を始めるならまずこの記事を読み込んでください。

統計データ型・説明問題の答案作成スキルをサクッと手に入れることができます。

そしてあなたも志望校の合格ロードへの第一歩を踏み出すことになるのです!

この記事では統計データ型<説明問題>の答案作成法を3ステップで解説します。

ステップ①
データ(資料)の<声>に耳を傾ける
ステップ②
データ(資料)の特性・傾向をとらえる
ステップ③
「トレンド+α」をまとめて答案完成!

採点者を納得させて高得点をゲットする極意を学びましょう。それでは、どうぞ!

データの<声>に耳を傾ける

統計から聞こえてくる<2つの声>に耳を傾けましょう。

まず<資料からの声>です。

とくに「グラフ」は調査対象の「トレンド(傾向・流れ)」を表現しています。

グラフの<最高値(山)><最小値(谷)><差違(ギャップ)>3つに着目します

あわせて<具体的数値>と<資料タイトル>のチェックもお忘れなく!

つぎは<出題者からの声>です。

出題者が提示した資料から<問題>をあぶり出しましょう。

「なぜ(原因)」
「どんな(影響)」
「どうすれば(解決)」

以上3つを意識して資料を読めば<問題>の全体が必ず見えてきますよ。

統計データ型の<説明問題><論述問題>対策に役立つのでこの作業は大切にしましょうね。

資料の2つの声に耳を傾け<トレンド>と<問題>をつかむこと!

これが統計型小論文を攻略する大前提となります。

データの特性・傾向をとらえる

統計型小論文の試験で登場するグラフは以下の4タイプです。

「折れ線グラフ」「棒グラフ」
「帯グラフ」「円グラフ」

算数で勉強しましたよね。各グラフの特性、意図は以下のように整理できます。

① 折れ線グラフ→数値の変化(増減)
② 棒グラフ→数量の差異
③ 帯グラフ→対象間割合の比較
④ 円グラフ→対象内割合の比較

絶対的な<数量>を比較するのに適したグラフは「折れ線」「棒」です。

相対的な<割合>を比較するのに適したグラフが「帯」「円」となります。

資料の解釈ミスで大きく減点されることがないようにグラフの特性を熟知した上で説明問題に答えていきましょう。

<トレンド>をまとめて答案完成!

設問は「次の資料から読み取れる傾向を◯◯◯字以内で説明せよ」こんな感じですよね。

裏を読むと「データを無視すれば減点。資料に対するあなたの理解度も採点時にチェックします」となります。

✔︎ 資料を必ず踏まえること
✔︎ 説明に自分の意見を書き込まないこと

以上2つは答案をつくる前に肝に銘じてください。

例題で<演習>してみましょう!

例題

□□市における新型コロナウィルス新規感染者数を2週間にわたり調査した。曜日別で比較した資料から読み取れる傾向を150字以内で説明しなさい。

資料

※横置きの棒グラフ→簡単に下書きしてイメージを持ちましょう!
 縦軸→曜日2週間分 
 横軸→感染者数

チェックポイント

✔︎資料のタイトル
→□□市における新型コロナ新規感染者数調査(曜日別)
✔︎調査期間
 →2週間、各曜日
✔︎調査意図
 →各曜日の感染者数を比較して、増減を示している
✔︎感染者の増減
 増加→火、水 金、土曜日 
 減少→日、月、木曜日
✔︎増減幅
 増加最大→金曜(○○○人) 
  減少最大→日曜(○○○人)

資料(棒グラフ)から情報(トレンド)を抽出して、答案に盛り込めばよいです。

<説明問題>の答案は文頭のマスを詰めて書きはじめてよいです。

合格答案

資料は、□□市における新型コロナ新規感染者数を2週間に渡って調査し、曜日ごとにどう変動したのかを示している。感染者数が前週曜日より増加したのは、火、水、金、土曜日である。一方で減少したのは、日、月、木曜日である。最も人数が増加したのは、金曜日で△△△人増、最も減少したのは、日曜日で▼▼▼人減である。(150字)

ところで、統計型小論文の説明問題に強くなるには<知識・情報>のアップデートが必須です。

とくに志望学部に関係するジャンルについては、最新の情報を日々チェックしておきましょう。

あらゆる専門分野のキーワードを一気に勉強できる万能テキストを紹介します。

小論文対策でスキルアップをめざすあなたに最適の一冊です。

情報を最新に更新しておけば論述の<根拠>も強化されます

そして説得力ある小論文を書くことができますよ。

おわりに・・・大切なこと2つ

とても重要なことなので、毎回、最後にお伝えしています。

小論文対策でいつも思い出してほしいことが2つあります。

・読み手(採点者)の気持ちを慮(おもんばか)って書くこと

・与えられた問題に必ず結論(答え)を出すこと」

そして・・・

短い時間でかまわないので毎日、読んで、調べて、書きましょう。

同じ問題でよいです。くりかえしチャレンジしましょう。

納得いくまで書き続けてくださいね。

答案ができたら信頼できる人に必ず添削してもらうこと。

日々練習を積み上げたその先に、“合格”への道は必ず開けます。

合格を勝ち取る日まで、ともに励んでいきましょうね。

今日はここまで。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

出題形式別対策
統計データ型・課題文型小論文の合格答案作成法を徹底解説【大学入試2025最新】

続きを見る

「書くことは考えること。
   文章力はきっとあなたの財産となる」
(by しょうろんますたあ_りらいとらぼ)

  • この記事を書いた人

しょうろんますたあ

 小論文を学んで、夢をゲットしよう!

-大学入試, 小論文